香港民主派が米公聴会で証言 中国へ圧力求める

産経ニュース / 2020年7月2日 20時59分

【香港=藤本欣也】香港民主派の元立法会(議会)議員である李卓人氏(63)と羅冠聡(らかんそう)氏(26)らは1日、米下院外交委員会の公聴会にオンラインで出席し、「香港国家安全維持法」の導入を強行した中国への圧力を強化するよう求めた。香港で6月30日に施行された同法では、中国への制裁を外国に求める行為を禁止しており、今後、李氏らが同法違反の疑いで逮捕される可能性がある。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング