ロシア、若者は改憲に否定的 長期政権に不満

産経ニュース / 2020年7月2日 22時44分

【モスクワ=小野田雄一】ロシアで1日行われた国民投票は、憲法改正に8割近くが賛成票を投じ、支持率低下に苦しむプーチン大統領にとっては、ひとまず胸をなでおろす結果となった。ただ、若者層を中心に改憲に否定的な意見も強く、長期政権への不満が収まるかは不透明だ。プーチン政権は経済低迷や強権統治の長期化などを背景に、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング