豪州、国防分野に10年で20兆円 長距離攻撃能力強化、中国を牽制

産経ニュース / 2020年7月6日 17時35分

【シンガポール=森浩】オーストラリア政府は6日までに新国防戦略を発表し、今後10年間で国防分野に2700億豪ドル(約20兆円)を投じる計画を明らかにした。当初計画の40%増となり、長距離攻撃能力を高めるほか、サイバー攻撃への対応強化を目指す。南シナ海など3海域で軍事演習を行うなどインド太平洋地域で圧力を強める中国を牽制(けんせい)したい意向がある。「領土問題をめぐる緊張がインド太平洋地域全体で高まっている」。モリソン首相は1日の演説で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング