中国派遣の国安顧問、香港長官を監督 習氏トップの指揮系統明確化

産経ニュース / 2020年7月6日 19時29分

【香港=藤本欣也】「香港国家安全維持法」(国安法)のもと、香港政府に派遣された「国家安全事務顧問」の駱恵寧(らく・けいねい)氏が、政府トップの林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官を指導・監督する権限をもっていることが明らかになった。習近平国家主席の意向を反映しやすい指揮命令系統が構築された形で、習政権による香港直接統治が強化されることになる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング