ノートルダム尖塔は「復元」 仏大統領、コンペ案は撤回

産経ニュース / 2020年7月10日 10時39分

【パリ=三井美奈】フランスのマクロン大統領は9日、昨年4月に火災が起きたパリのノートルダム大聖堂について、焼失前と同じデザインで尖塔(せんとう)を復元する方針を示した。同日、文化遺産の保全を担う専門家組織との会談後、大統領府が明らかにしたもので、仏メディアが一斉に報じた。大統領府の関係者は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング