【新型コロナ】フランス 「下水に潜むウイルスを探せ」 感染の早期把握に新手法 欧州各国で広がる 

産経ニュース / 2020年7月12日 14時4分

【パリ=三井美奈】フランスが新型コロナウイルスの「第2波」防止に向け、下水検査に乗り出した。腸から排出されるウイルスの増減を調べることで、流行地域を早期に把握できるためだ。都市封鎖の解除が進む欧州では、感染予測の切り札として各国で下水検査が進んでいる。公衆衛生に関する政府諮問機関、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング