性同一性障害のため男性から女性への性別適合手術をした京都市内の50代の経営者が、男性としてスポーツクラブを使うよう求められたのは人格権の侵害などとして、「コナミスポーツクラブ」(東京都)に約470万円の損害賠償を求めた訴訟は19日、京都地裁(伊藤由紀子裁判長)で和解が成立した。和解内容は明らかにされていないが、伊藤裁判長は和解勧告で「性自認に従った取り扱いを求めることは尊重されるべき」などと指摘していた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング