【衝撃事件の核心】メルカリで「ウイルス売買」、少年らが利用したお手軽アプリの“盲点” 250人の監視の目かいくぐる

産経ニュース / 2017年9月14日 6時57分

コンピューターウイルス入手方法の情報をインターネットサイトに出品していたとして、奈良県警が不正指令電磁的記録提供の非行内容で大阪府の中学2年の男子生徒(13)を児童相談所に通告した。生徒が利用していたのは、1日100万品余りが出品されるというフリーマーケットアプリ「メルカリ」で、アプリを利用し情報を購入したのも少年たちだった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング