飛行中の航空機の部品が落下、大阪市中心部を走行中の車に直撃

産経ニュース / 2017年9月24日 11時42分

国土交通省大阪航空局関西空港事務所は24日、関西国際空港発アムステルダム行きKLMオランダ航空868便が、23日に大阪市内を飛行中に部品(4・3キロ)を落下させたと発表した。大阪府警天満署によると、部品は同市北区西天満の国道1号を走行中の乗用車の天井を直撃したが、けが人はいなかった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング