【堺市長選】維新、再び敗戦 “一丁目一番地”の都構想隠し、橋下氏不在…「野合談合」批判、市民に響かず「終わりの始まり」となるのか

産経ニュース / 2017年9月25日 7時42分

大阪維新の会と反維新勢力の全面対決は、再び反維新に軍配が上がった。24日に投開票された堺市長選。維新は看板政策の「大阪都構想」を封印して前回選の雪辱を期したが、反都構想を前面に押し出す現職の竹山修身(おさみ)氏(67)にまたしても敗れた。維新内に落胆が広がる一方、反維新側は来月に予定されている衆院選への弾みになると期待を寄せ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング