【衆院解散表明】争点を街で聞く 北朝鮮、教育無償化、森友・加計問題…

産経ニュース / 2017年9月25日 22時17分

「この国難を乗り越えるため、どうしても今、国民の声を聴かなくてはならない」。緊迫する北朝鮮情勢を念頭に、安倍晋三首相が25日、衆院解散を正式に表明した。拉致被害者の救出、少子化克服に向けた消費税の使い道の見直しなどを強調し、政権を揺るがせた森友・加計問題にも触れた。首相会見を国民はどう受け止めたのか。“争点の街”で聞いた。北の有事には北朝鮮が米領グアム沖へのミサイル発射案を発表して以来、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング