公用車を無断で使い帰宅、ドライブレコーダー切り隠蔽…滋賀・彦根市職員を停職処分

産経ニュース / 2017年11月22日 7時37分

帰宅の際、公用車を複数回にわたり無断で使用していたなどとして、滋賀県彦根市は21日、市民環境部の40代の男性職員を停職1カ月の懲戒処分にしたと発表した。帰宅途中にタイヤをパンクさせる事故を起こしたり、公用車の無断使用が発覚しないよう、ドライブレコーダーの電源を切るなどの隠蔽を行っていたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング