【衝撃事件の核心】「膝までの汚物に大量のハエ」猫50匹放置で〝田んぼ〟と化した人気市営住宅 「多頭飼育崩壊」の悲劇

産経ニュース / 2017年11月22日 9時7分

「長年苦しめられた悪臭と大量のハエから解放された」。神戸市東灘区の市営住宅で猫53匹を放置していた40代女性が神戸地裁から強制退去処分を受け、近隣住民は約8年ぶりに安息の日々を取り戻した。女性が残していった部屋は人間の膝の高さまで猫の糞尿(ふんにょう)が堆積。畳や家具などいたるところに汚物が染み込み、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング