京大iPS細胞研の論文に図データ改竄と捏造 大学調査委認定

産経ニュース / 2018年1月22日 18時7分

京都大は22日、京都大iPS細胞研究所の山水康平・特定拠点助教の論文について捏造(ねつぞう)と改竄(かいざん)があったと発表した。捏造と改竄があったのは昨年3月に発表された、ヒトiPS細胞に由来する管内皮細胞や周皮細胞などの作製に関する論文。山水助教が筆頭・責任著者となっている。論文を構成する主要な図6個全てと補足図5個で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング