元毎日新聞局長、在職中から窃盗疑い 被害49件525万円裏付け、兵庫県警が追送検

産経ニュース / 2018年3月22日 19時42分

毎日新聞大阪本社の元幹部が民家から盗んだキャッシュカードで現金を引き出したとされる事件で、兵庫県警捜査3課と三田署は22日、窃盗などの疑いで、元同社制作技術局長でフリーライター、藤原規洋(のりひろ)被告(63)=兵庫県西宮市名塩平成台、窃盗罪などで公判中=を追送検した。県警によると、在職中から同様の盗みを繰り返していたとみられ、兵庫、大阪、奈良の3府県で計49件の被害(総額約525万円相当)を裏付けたという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング