【北の核実験場廃棄声明】むしろ「核強国完成」の表明だ 李相哲・龍谷大学教授が緊急寄稿

産経ニュース / 2018年4月21日 14時32分

北朝鮮は昨年11月、「大陸間弾道ミサイル『火星15』の発射実験を成功裏に行った」とし、これで「朝鮮民主主義人民共和国は責任ある核強国になった」と宣言した。完全な成功だったかは別にして、「成功」を宣布した以上、もはや「実験」は必要なくなった。豊渓里(プンゲリ)の核実験場ではすでに6回の核実験が行われた。昨年9月の実験が行われた後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング