漁獲量が少なく、「幻の魚」と呼ばれるクエ。天然ものは高値で取引され、近年は養殖の研究も盛んだ。そんな高級魚をめぐる産地偽装事件が4月、大阪で巻き起こった。中国産のクエを国産と偽り販売していたとして、不正競争防止法違反容疑で、大阪府内に拠点を置く水産加工会社が摘発された。希少資源であるがゆえに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング