遺伝子組み換え種子を紛失 立命館大、郵送中に封筒破損

産経ニュース / 2018年6月16日 7時22分

立命館大は15日、生命科学部(滋賀県草津市)から他大学に郵送された遺伝子組み換え植物の種子が、郵送中に行方が分からなくなったと発表した。使用した封筒の一部が破れており、郵送中に紛失した可能性が高い。立命館大は、種子は容器に密閉されており、発芽成長する可能性や人体、生態系に影響する可能性は低いとしている。立命館大によると5月18日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング