【西日本豪雨】過疎の離島も厳しい復旧作業続く 広島・似島

産経ニュース / 2018年7月16日 10時7分

西日本豪雨による広島県内の被災地では、安否不明者の捜索とともに、ボランティアの支援も受けて土砂やがれきの撤去が続く。高齢化が進む広島市の離島、似島(にのしま)(南区)でも連日、住民が総出で土砂災害の復旧作業に追われる。一方で、被災から1週間が経過し、酷暑の中で体調を悪化させる人も。過疎の島では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング