【西日本豪雨】同級生ら「信じたくない…」 高3男子不明の広島・安芸区で遺体見つかる

産経ニュース / 2018年7月16日 23時7分

西日本豪雨による大規模な土砂崩れで高校3年の植木将太朗さん(18)が行方不明となっている広島市安芸区矢野東で16日午前、1人の遺体が発見された。見つかったのは土石流で家屋全体が流された植木さんの自宅跡。広島県警は、遺体が植木さんとみて身元の確認を進めているが、酷暑の中で捜索活動を見守っていた同級生らは「信じたくない」と落胆した。(小松大騎)「友達多く人望厚い」「将太朗はまだ生きてるんじゃないかって信じている」。遺体が見つかったとの知らせを聞き、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング