【西日本豪雨・想定外クライシス】(4)「町が沈む、言ってくれれば」ダム放流情報、周知に課題

産経ニュース / 2018年8月16日 9時2分

「伝え」ても「伝わらない」避難情報。想定外の豪雨を受けて愛媛県の2カ所のダムで実施された緊急放流には、「伝わらない」情報という課題が凝縮していた。「ダムが今までにない量を放流する。川が氾濫する危険がある」7月7日午前6時前。同県西予(せいよ)市の野村町地区に住む畳店店主、小玉恵二さん(59)は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング