山口・不明男児発見、「奇跡的に好条件重なった」救命医ら専門家も驚き

産経ニュース / 2018年8月16日 7時7分

2歳になったばかりの男児が、なぜ真夏の3日間、1人で無事に過ごすことができたのか。専門家は、発見現場が山中で、水が流れる沢や樹木の日陰があったことなどを挙げ、「奇跡的に好条件が重なったのではないか」と分析する。「水分補給は生き延びるための最低条件。水分をしっかりと取ることができていたことが大きいのでは」救急医療に携わる京都府立医大の太田凡(ぼん)医師は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング