都構想の「歳出削減効果」めぐり批判集中 「信憑性ない」維新以外の会派 大阪市議会委員会

産経ニュース / 2018年9月19日 8時27分

大阪市議会の大都市・税財政制度特別委員会が18日開かれ、市が外部業者に委託して公表した大阪都構想を導入した場合の歳出削減効果について、大阪維新の会以外の各会派から「非常に恣意的(しいてき)な試算手法。数字も信憑(しんぴょう)性がない」などと批判が集中した。一方、事務局側は「数字は専門性のある業者が理論的に算出したと認識している」と繰り返した。市は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング