クロスボウでサルの頭に矢を放つ 滋賀県警、68歳男を書類送検

産経ニュース / 2018年9月20日 8時12分

滋賀県彦根市野田山町の工場で6月、頭に矢が刺さった状態のサルが見つかった事件で、サルに矢を放ったとして、滋賀県警彦根署が鳥獣保護法違反の疑いで同市内の無職の男性(68)を書類送検していたことが県警への取材でわかった。6日付。書類送検容疑は、自宅の庭にいたサルに向かって、クロスボウ(洋弓銃)で矢を放ち、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング