長官賞受賞の警察犬・ゲルマン号が死去 大阪府警

産経ニュース / 2018年12月11日 8時42分

警察犬の活動として全国で初めて警察庁長官賞を受賞し、昨年引退した大阪府警の警察犬「ゲルマン号」が9日に死んだことが、府警への取材で分かった。12歳だった。持ち前の嗅覚を生かし、数々の事件や災害現場に出動するなど活躍。引退後は府警OBのもとで余生を過ごしていた。ゲルマン号は雄のシェパードで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング