東海道線にはねられ死亡 大阪・茨木、5万2千人に影響

産経ニュース / 2019年1月17日 22時57分

17日午後2時半ごろ、大阪府茨木市蔵垣内のJR東海道線茨木-千里丘間の踏切で、線路内にいた人が長浜発姫路行きの新快速電車にはねられ、死亡した。大阪府警茨木署によると、性別や年齢は不明だが、20代の男性名義の定期券を所持していたという。同署やJR西日本によると、運転士は、人が遮断機をくぐって踏切内に入るのに気付いて非常ブレーキをかけたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング