大阪・松原の小学校で重さ800キロの庇落ちる

産経ニュース / 2019年1月18日 23時57分

大阪府松原市教育委員会は18日、同市立松原南小学校(同市岡)の校舎入り口にかかっているコンクリート製の庇(ひさし)(幅2・1メートル、奥行き92センチ、厚さ16センチ、重さ約800キロ)が落下したと発表した。けが人などはなかったが、市教委で原因を調べている。市教委によると、15日午前7時半ごろ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング