多額の政治資金収支報告書の記載漏れが発覚した竹山修身市長に対し、問責決議案を可決した14日の堺市議会。提案した会派からは「責任は重く厳しく責任を問われるのは当然」(自民党)、「疑念が晴れないまま混迷を極めている」(公明党)と批判する声が上がった。竹山氏は、閉会後の会見で、「厳粛に受け止める」と陳謝したが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング