ぼったくりキャバクラ店経営者ら逮捕 大阪・ミナミ 大学生に「16万円」

産経ニュース / 2019年3月19日 13時7分

大阪・ミナミのキャバクラ店で客を監禁し、現金を脅し取ろうとしたとして、大阪府警南署が恐喝未遂と監禁の疑いで、キャバクラ店「CHERIR(シェリール)」の経営者、竹本大樹(23)と弟で同店店長、力矢(りきや)(22)の両容疑者ら男4人を逮捕したことが19日、捜査関係者への取材で分かった。同署には昨年9月以降、同店の利用客からぼったくり被害の訴えが相次いでおり、被害額は140万円を超えるとみられる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング