一時不停止、信号無視で逃走 奈良県警が警部を処分

産経ニュース / 2019年3月20日 7時42分

バイクで一時停止せずに踏切を通過し、さらに停止を促したパトカーから逃げたなどとして、奈良県警は50代の男性警部を本部長訓戒とした。処分は1日付。県警監察課によると、警部は2月20日夜、バイクで県内の踏切を一時停止せずに通過。近くを巡回中だったパトカーが追跡し、停止するよう呼びかけたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング