福島原発裁判、原告勝訴でも「生活再建図れない」

産経ニュース / 2019年3月27日 7時32分

福島第一原発損害賠償愛媛訴訟で原告側勝訴の判決が松山地裁で出た26日、原告側は愛媛県庁で記者会見を行い、国と東電に被害者に対する謝罪と誠意ある対応を改めて求めた。原告側代理人の野垣康之弁護士は、加害責任を認めた判決を評価しながらも「自主避難の合理性を認めながら、強制避難と大きく差が出た賠償額は不十分」と考えを述べた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング