神戸連続児童殺傷「弱者に優しい時代に」土師守さん手記全文 

産経ニュース / 2019年5月24日 3時2分

神戸市須磨区の連続児童殺傷事件で、土師(はせ)淳君=当時(11)=が殺害されてから24日で丸22年となるのに合わせ、父親で医師の守さん(63)が弁護士を通じて報道各社に手記を公表した。23回忌の節目とともに元号が平成から令和に変わったが、それでも変わらない我が子への思いと新しい時代への願いをつづった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング