手足口病が警報レベル 京都府内全域で流行

産経ニュース / 2019年6月21日 7時22分

京都府は20日、乳幼児を中心に感染する「手足口病」の府内での報告数が、府内全域で国の定める警報レベルを超過したと発表した。府は、手洗いと排泄(はいせつ)物の適切な処理を呼びかけている。今月10~16日の感染症発生動向調査で、1定点医療機関当たりの患者報告数が府内全体で6・30と、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング