吉本興業の謹慎処分で自治体も対応に追われる 「2700」常道、「ザ・パンチ」パンチ浜崎、「ストロベビー」ディエゴ

産経ニュース / 2019年6月24日 20時7分

吉本興業が所属芸人11人を謹慎処分にしたことを受け、タレントが「観光大使」などを務める自治体も対応に追われた。お笑いコンビ「2700」の常道裕史さんは、平成25年4月、出身地である大阪府和泉市の「和泉市PR隊」に就任し、同じく謹慎処分を受けた相方の八十島宏行さんと市の広報動画に出演するなどしていた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング