奈良市庁舎移転案「50億円の負担増」 市長が知事側に反論

産経ニュース / 2019年7月17日 6時47分

老朽化が進む奈良市役所本庁舎について、荒井正吾知事が平城宮跡付近への移転建て替え案を推奨していることを受け、仲川げん市長は16日、市議らへの説明会で「耐震改修案の方が50億円有利になる」と反論した。18日には荒井知事とのトップ会談が開かれることが決まり、「答えありきで臨むつもりはない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング