京アニ社長「若者の将来閉ざされた」 心境綴った文書

産経ニュース / 2019年7月19日 19時47分

アニメ制作会社「京都アニメーション」(京アニ)の放火火災で、同社の八田英明社長が19日午後、京都府宇治市の本社近くで報道陣の取材に応じ、「ともに歩んだ仲間を失い、残された社員も心身ともに大変傷ついています」などと現在の心境をつづった文書を公開した。文書には「アニメーションを志し全国から集まった若者たちがこんな形で将来を閉ざされてしまったことが残念で、言葉にできません」などと記載している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング