神戸港に有毒のアカカミアリ50匹見つかる

産経ニュース / 2019年7月21日 0時32分

神戸市は20日、神戸港に陸揚げされたコンテナの中から、有毒の特定外来生物アカカミアリ約50匹が見つかったと発表した。いずれも働きアリで、殺虫処分した。人への被害はなかったという。市によると、コンテナは6月12日に米ジョージア州のサバンナ港で積まれ、7月16日に神戸港に陸揚げされた。19日に大阪港へ移送されたコンテナの一部から10~20匹のアリが見つかった。物流業者から連絡を受けて神戸市が神戸港のコンテナを調べたところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング