京アニ放火 難航する身元確認 DNAも…京都府警

産経ニュース / 2019年7月22日 21時37分

「京都アニメーション」の放火事件では、34人が亡くなったが、発生から4日たった22日の段階でも、身元の特定に至っていない。DNA型鑑定が必要な遺体が多いことや、遺族感情に配慮していることなどがその理由とみられる。火災は18日午前10時半ごろ発生。鉄筋コンクリート3階建ての延べ約690平方メートルが全焼し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング