大植良太郎被告の逃走現場は、町工場や倉庫が立ち並ぶ地域で、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場となった花園ラグビー場も近い。「またか」「どうしてこんなことが続くのか」。付近の住民らは、疑問と怒りの声を上げた。「交通事故かなと思ったら、逃走と聞き驚いた」現場近くで飲食店を営む50代の男性は9日午前4時ごろ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング