手錠と腰縄、潜伏先で外す? 逃走直後には自転車利用か

産経ニュース / 2019年11月12日 12時22分

大阪府東大阪市の路上で大阪地検が収容した同府岸和田市の遊技機設置業、大植(おおうえ)良太郎被告(42)が護送中のワゴン車から逃走し、11日に大阪市内で確保された事件で、大植被告が逃走時につけていた手錠や腰縄を潜伏先の民家で外した疑いがあることが12日、捜査関係者への取材で分かった。逃走直後には自転車を使って民家まで移動したとみられることも判明。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング