伊丹空港検査場で刃物渡す またトラブル

産経ニュース / 2019年12月9日 14時12分

大阪(伊丹)空港の日本航空の保安検査場で今月6日、係員が手荷物検査で小型ナイフを発見したものの、誤って乗客に返却してしまうミスがあったことが9日、分かった。伊丹空港では同社や全日空の検査場で、刃物を見落とすなどのトラブルが相次いでいる。日本航空によると、6日午前7時ごろ、福岡行きの便に搭乗する乗客の手荷物のエックス線検査で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング