堺の保健センター、被爆者らの血液検査依頼忘れる

産経ニュース / 2019年12月11日 6時7分

堺市は10日、同市北保健センターが実施した被爆者・被爆二世健康診断で、採取した49~89歳の男女17人分の血液を検査に回すのを失念するミスがあったと発表した。同センターは対象者に謝罪。採血から期間があいたため改めて採血し、再検査するとしている。同センターによると、健康診断は11月29日に実施。採取した血液は担当職員が冷蔵庫に保存したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング