脂肪幹細胞を人に投与する再生医療を無届けで行ったとして15日、再生医療安全性確保法違反容疑で大阪府警に逮捕された大阪医科大元講師で医師の伊井正明容疑者(52)。同細胞に関する研究に長年取り組んで成果も上げており、その姿を知る関係者らは「研究熱心でまじめ」と口をそろえる。そんな研究者がなぜ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング