「一方的に、モンスターペアレントであるかのように扱われてきた」。平成17年に神戸市立小5年だった男性のいじめ被害を訴え続けてきた父親は、市教委の積年の対応にこう怒りをにじませた。父親によると、市教委自体は一度しか男性から聞き取りをしていないが、学校側は複数回の調査を実施。18年2月には5年生の学年集会を行い、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング