池に浮く乗用車、横転したバス…熊本豪雨の被災地「とても住めない」

産経ニュース / 2020年7月5日 17時12分

熊本県南部を襲った豪雨で、特に被害が大きかった同県人吉市と球磨村では、5日も救助活動が続けられた。幹線道路の寸断で依然として立ち入りが難しい地域もあり、現場では混乱が続いている。氾濫した球磨川流域を中心に広範囲で浸水被害が出た人吉市。市内では慢性的な渋滞が続き、信号機が停止しているエリアでは警察官が交通整理にあたった。路上で横転したり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング