写真

侵入未遂のケースのうち48%が「国家が関与する犯罪集団」、19%が「ネット犯罪者」によるもの

CrowdStrikeは10月11日、2018年上半期のサイバー脅威の傾向をまとめた報告書「ObservationsFromtheFrontLinesofThreatHunting(脅威ハンティングの最前線からの考察)」を発表した。同社のマネージド脅威ハンティングチームであるCrowdStrikeFalconOverWatchチームからのデータを分析したもの。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング