独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERTコーディ ネーションセンター(JPCERT/CC)は12月14日、日本電気株式会社(NEC)が提供する「AtermWF1200CR」および「AtermWG1200CR」に、複数の脆弱性が存在すると「JapanVulnerabilityNotes(JVN)」で発表した。株式会社サイバーディフェンス研究所の永岡悟氏が報告を行った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング