ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(ウォッチガード)は3月26日、四半期ごとに発行している「インターネットセキュリティレポート」の最新版(2018年第4四半期)を発表した。同レポートは、世界中の膨大な数のアクティブなWatchGuardFireboxアプライアンスから収集されたログデータに基づいて、中堅・中小企業や分散拠点を持つ大企業を標的とした主要なマルウェアやネットワーク攻撃について調査したもの。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング