写真

稼働中のBIG-IPの分布図。約60%は米国に設置されている

エフセキュア株式会社は8月9日、F5Networks社が提供する「BIG-IP」の一般的な構成における重大な脆弱性を発見したと発表した。BIG-IPは、アプリケーションを最適かつセキュアに配信し、企業システムの運用を最大限に効率化するための機能を持つアプリケーショントラフィック管理装置。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング