中国も発展したが、日本がスゴイのは「全方位で発展していること」=中国

サーチナ / 2017年3月21日 9時12分

中国の国内総生産はすでに日本の2倍以上の規模に達しており、成長率は鈍化傾向にあるとはいえ、2016年のGDP成長率は6.7%に達した。低成長にあえぐ日本とは対照的に、中国は今なお勢いよく成長を続けている。 事実、上海や北京などの大都市はもはや日本の都市と遜色ないほどの発展を遂げており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング